ベンチプレスが効かない時に気をつけたいポイントとは?

ベンチプレスが効かない時に気をつけたいポイントとは?

大胸筋を鍛える代表種目のベンチプレスが効かない?そんなときに気をつけたいポイントとは?


数ある筋トレ種目の中でダントツの人気を誇るのがベンチプレスです♫
大胸筋を鍛える種目のため男性からの人気はもちろんですが、最近では筋トレ女子も多くなり、男女問わず人気な種目となりました(^ ^)

そのためジムに行っても、なかなかベンチが空かずにトレーニングできない!という悩みも少なくありません。。。

日本でもどんどん筋トレが定着してきている証拠ですね♩
そんな筋トレの代表種目のベンチプレスですが、やっても効いている感じがしないという声をよく聞きます。

一見シンプルな種目に種目に見えますが、実は奥が深いベンチプレス♪
今回はベンチプレスが効かない時に気をつけたいポイントを紹介します(^ ^)

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

《肩甲骨をきちんと寄せる》

まず一番最初に見直したいポイントが肩甲骨です!
ベンチプレスに限らず、胸を鍛える種目では肩甲骨を寄せることがマストです。

大胸筋のトレーニングでは肩甲骨を寄せることで大胸筋をつかいやすなります。
しかし意外とこれができていない人が多いです。。。

肩甲骨を寄せるというのがイメージできない人は胸を思い切り張ってみてください。
自然と肩甲骨が寄るはずです(^ ^)

最初は難しいかもしれませんが、慣れてくれば簡単に肩甲骨が寄った状態を作れます。
ぜひ練習してみてください。

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

《やっている最中に肩甲骨が開いている?》

ベンチプレスを始める前にきちんと肩甲骨を寄せることができていても、バーを持ち上げる時に元に戻ってしまう人が多いです。

バーを持つことに集中しているので、肩甲骨が開いていることに気づきにくいのが厄介な問題でもあります。

少しバーを置く位置を低くすると腕を伸ばす距離が短くなるので、一度やってみてください♩

バーを持ち上げるときに肩甲骨が離れてしまう人が多いので、一度トレーナーさんに見て貰うのもオススメします^ ^

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

《負荷が抜けているから効かない》

ベンチプレスをするときに肘が伸びきっていませんか?
こんな細かいところまで気にするの?と考えたくなりますが、重要です♩

ベンチプレスなどの種目で肘が伸びきってしまうと大胸筋ではなく上腕三頭筋という腕の筋肉に効いてしまいます。。。

せっかく大胸筋に負荷がかかっていたのに、台無しですね泣

もう一つ負荷が抜けるポイントがバーを胸につけることです。
バーを胸まで完全に下ろしてしまうと一瞬負荷が抜けてしまいます。。

胸につく寸前でバーを挙げてみてください^ ^
一気にきつくなるはずです♫

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

《重量が重すぎて正しいフォームを維持できていない》

重い重量を扱った方がより筋肉に負荷を乗せることはできます。
けれども重すぎてフォームを崩してしまっては元も子もありません。

ウォーミングアップの重量では綺麗なフォームでできていても、重量を上げすぎてフォームが別人になる人はとても損をしています。

確かに重い重量を扱うことは大切ですが、あくまで正しいフォームで扱えることが大前提です♫

普段より重量を落としてフォームを意識してみるのも良い作戦です(^ ^)

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

☆まとめ

ベンチプレスをマスター出来れば大胸筋のトレーニングの質が一気に上がります♫

効果的な種目ですが、フォームなどが崩れてしまうと肩や肘などを怪我してしまうこともあります。。。

だからこそ何となくではなく、一つ一つの動作を丁寧に行いましょう(^ ^)
今年は分厚い胸板を手に入れましょう♪

この記事のライター

関連する投稿


【トレーナーインタビューvol.1】〜ダンスで道を切り開いたトレーナーJESSさん〜

【トレーナーインタビューvol.1】〜ダンスで道を切り開いたトレーナーJESSさん〜

日本にも大流行したクロスフィット。 次に流行ると噂されているのがBREAKLETICS。 それを日本に広めるために奮闘中のJESSトレーナーの素顔に迫りました。


良い脂vs悪い脂〜良い脂ってどれ?〜

良い脂vs悪い脂〜良い脂ってどれ?〜

ついダイエットの敵と考えがちな脂。。。けど摂ることで健康促進できる脂も? 日本人が摂るべき脂とは?


プロテインを飲むとお腹が痛くなる?〜もしかしたら乳糖不耐症〜

プロテインを飲むとお腹が痛くなる?〜もしかしたら乳糖不耐症〜

いつもプロテインを飲むとお腹が痛くなる。もしかしたら乳糖不耐症かもしれませんよ?乳糖不耐症のメカニズムと解決法を紹介します(^ ^)


寝る子は育つ♫身体作りに欠かせない睡眠の質を高めるには?

寝る子は育つ♫身体作りに欠かせない睡眠の質を高めるには?

昔から寝る子は育つと言われていますね♫確かに睡眠の質が高い人はそれだけで生活の質が違います。けど身の回りには睡眠の質を下げるモノがいっぱい、、、もっとよく眠るために今日からできることって?


カラダを大きくするには過負荷が必要〜オーバーロードの原則って?〜

カラダを大きくするには過負荷が必要〜オーバーロードの原則って?〜

身体を大きくするには筋肉に負荷をかける必要があります。 一番は簡単なのは重量を上げること。。 けどそれ以外に負荷を上げる方法ってないの?