【日本文化】その日の運勢が決まる?「六曜」ってなに?

【日本文化】その日の運勢が決まる?「六曜」ってなに?


ご訪問ありがとうございます。
マナーインストラクターの小代田萌花(こよだ もえか)と申します。

カレンダーには曜日や日付の他に「大安」「友引」「仏滅」などの言葉が書かれています。

「大安は良くて、仏滅は避けた方が良さそう」とイメージはあると思いますが、それぞれどんな意味なのか、そもそもこのイメージは合っているのか?

今回は「六曜」について紹介いたします^^

六曜とは

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

「先勝」「友引」「先負」「仏滅」「大安」「赤口」の6つのことを言います。
1日ごとに順番で巡ってきて、その日の吉凶や運勢が定められています。

六曜は中国で生まれた思想で、日本には鎌倉時代から室町時代に伝来してきたと言われています。
江戸時代の末期頃から、庶民の間でもその日の吉凶や運勢を占うために用いられたそうです。

明治時代には迷信であるとして政府が一切禁止にしました。
しかし、「六曜は必要である」という世論を受け、廃止することはできず、現在も残っています。

先勝

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

「先んずれば即ち勝つ」の意味で、急ぐことが吉とされています。
具体的には、午前中に物事を行うのは吉(午後二時から六時までは凶)、結婚式については午前中に式を開始すれば午後まで差し掛かっても問題ないとされています。

友引

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

現在は「凶事に友を引く」「凶禍が友に及ぶ」の意味がありますが、昔は「共引」つまり勝負事は全て引き分けになる日」という意味でした。

葬儀を行うと友が死の世界へ引き寄せられるという迷信は字面からのこじつけですが、信じる人が多いことから火葬場が休日とされている地域が多いです。
慶事は「幸せのお裾分け」と解釈して結婚披露宴の引出物を発送する人もいます。
ただし、慶事において、昼前後11時から13時の間は凶とされているので、気にする場合はその時間帯を避けて結婚式を行う人もいます。

先負

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

「先んずれば即ち負ける」の意味で、午後に物事を行うのが吉(午前中は凶)とされています。
何事も控えめにして平静を保つべき日であり、勝負事や急用を避けるべき日とされています。

仏滅

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

「仏も滅するような大凶日」の意味で、六曜の中で最も凶の日とされており、結婚式などの慶事を敬遠する習慣があります。
終日凶とするのが通説となっていますが、午後は縁起が良いとする説もあります。
葬式や法事は行っても問題ありません。

大安

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

「大いに安し」の意味で、六曜の中では「万事吉で成功する日」とされています。
結婚式や結納など慶事を行うことが多いです。

赤口

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

陰陽道の「赤舌日」という凶日が由来で、午の刻(午前11時から午後1時まで)だけ吉で、それ以外は凶で、特に慶事には「大凶」といわれています。
この午の刻だけ吉というのは、赤口の赤が「強い太陽」であり昼を意味し、この太陽の気が口先だけ出るのが「赤口」ということからです。

また、「赤」が血を連想させるため、刃物を持つ仕事の人には注意すべき日とされています。
ちなみに、法事を行うのは問題ありません。

巡る順番

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

先勝→友引→先負→仏滅→大安→赤口の順で繰り返します。

また、旧暦の毎月1日は下記のように固定されています。

1月、7月:先勝
2月、8月:友引
3月、9月:先負
4月、10月:仏滅
5月、11月:大安
6月、12月:赤口

旧暦では月日により六曜が決まっています。
定義は、旧暦の月の数字と旧暦の日の数字の和が6の倍数であれば「大安」です。
しかし、新暦のカレンダーの上では、規則正しく循環していたものがある日突然途切れたり、同じ日の六曜が年によって、月によって異なっていたりします。
これが神秘的な印象を感じ、六曜が人気な理由なのかもしれません^^

縁起の良い順番

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

1、大安
2、友引
3、先勝

友引は正午が凶で、先勝は午前中が吉となっています。
結婚式の場合は友にも幸せのお裾分けをするという縁起担ぎで大安の次に人気がありますが、昔からの言い伝えである「葬儀で友を引くから友引を避ける」の逆パターンの言い伝えは結婚式においてはありません。
また、先勝の方が物事を行う上で先手必勝ということで、友引よりも良いと考える人もいるようです(ただし午前中から行うことが条件となります)。

♡お問い合わせはこちら♡

この記事のライター

お読みくださりありがとうございます♪
小代田萌花(こよだ もえか)と申します。
愛ベースのマナーで笑顔の連鎖を作ります♡