【年中行事】ご先祖さまへ感謝の気持ちを伝える期間「お盆」

【年中行事】ご先祖さまへ感謝の気持ちを伝える期間「お盆」


ご訪問ありがとうございます^^
マナー講師の小代田 萌花(こよだ もえか)と申します。

数ある行事の中で、日本人が大切にしてきた「お盆」。
お盆の由来や時期についてお伝えいたします。

お盆の始まり

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

仏教用語の「盂蘭盆会(うらぼんえ)」の省略形として「盆」と呼ばれています。
お盆にはご先祖さまが壌土から地上に戻ってくると言われていて、精霊を迎え、供養する行事のことです。

また、故人の四十九日の忌引き明け後、初めて迎えるお盆を「新盆(にいぼん・しんぼん・あらぼん)」または「初盆(はつぼん・ういぼん)」と言います。

お盆は地方や宗派によって風習が大きく異なるのも特徴です。
先祖の霊を供養するという意味のもと、様々な風習が今も残っています。

時期

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

現在8月13日(迎え火=盆入り)〜16日(送り火=盆明け)が一般的なお盆の期間になっていますが、地域によって異なります。

迎え火、送り火とは

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

迎え火・送り火の際には、ナスとキュウリの精霊馬を飾る地域が多いです。
これらにはお盆にご先祖さまが行き来するための乗り物としての意味があります。
キュウリは足の速い馬と見立てられ、ご先祖様が早く帰ってくださるように迎え火の時におきます。
送り火の際はご先祖さまに少しでも長くともに過ごしていただくため、牛に見立てたナスの乗り物で帰っていただきます。
またご先祖さまが供物をたくさん持ち帰れるように、という意味合いもあるといわれています。
地域によっては全く逆の意味のところもありますし、キュウリとナスの風習自体がないところもあります。ご自分の地域や宗派はどのような風習があるか、調べてみてはいかがでしょうか。

迎え火


先祖の霊が現世に帰ってくるときの目印。
13日の夕方か夜に行われるところが多いです。
迎え火は家の門口や玄関で行う場合もあれば、お墓で行う地域もあります。
オガラ(皮をはいである麻の茎)を焙烙の上に折って燃やすのが一般的とされています。
マンションなどで火の扱いが不可能な場合は、提灯を使うこともあります。
中には、墓から家まで提灯で明るく照らす地域もあります。

送り火


お盆の間に一緒に過ごした先祖の霊を送り出すものです。
15日か16日に行われるところが多いです。
先祖が無事に帰れることをお祈りします。
京都の五山の送り火などもこれに当たります。

盆踊りはおご先祖さまへのもてなし

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

盆踊りというと「お祭り」や「イベント」のイメージが強いかもしれませんが、ご先祖さまをもてなす宗教行事です。

盆踊りが行われるのは、15日の夜、ご先祖さまがあの世へ帰る最後の夜です。
そのため、盛大にお見送りをするための行事といえます。

昔は旧暦の7月15日に行っていたため、必ず満月の日に盆踊りが行われていました。
7月15日の晩から踊り始め16日が明けるまで踊り続けたようです。

盆踊りの起源

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

平安時代に空也上人によって始められた、念仏を唱えながら踊る念仏踊りがルーツであると考えられています。
鎌倉時代には一遍上人が全国に盆踊りを広めました。
この頃にはすでに宗教的な意味合いよりも民俗芸能としての意味合いが強く、人々は衣装の華やかさや、振り付け、音楽、道具などを競うようになりました。室町時代の初めには、太鼓などをたたいて踊るようになり、現代の形に近づいたといわれています。

盆踊りは、歴史的にも娯楽としての役割、さらに村の結束を強める機能も果たしました。

踊りの意味

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

ご先祖さまを供養するものという説が一般的です。
他にも、お盆の供養で成仏できたご先祖さまが、喜ぶ姿を表現したものという説や、悪霊や先祖たちを踊りながら追い出すものという説などがあります。

時代とともに盆踊りは変化してきましたが、その根本である「ご先祖さまの霊を供養する」という意味は今も変わりません。

日本三大盆踊り

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

徳島県:阿波踊り

徳島県(旧阿波組)を発症とする盆踊りで、国内最大規模として有名です。

男踊り・・・半天を着て踊る半天踊りと、男物の浴衣をしりからげに着て踊る阿波おどりがあります。
うちわや手ぬぐいなどを使っていることが多いです。

女踊り・・・女物の浴衣に編笠を深く被り、草履ではなく下駄を履くのが特徴的。
艶っぽく上品に踊ります。

秋田県:西馬音内盆踊り

秋田県雄勝郡羽後町西馬音内で行われる盆踊り。
編み笠は半月形よりも両端が貼り出した形が特徴的。

岐阜県:群上八幡盆踊り

岐阜県郡上市で開催される伝統的な盆踊り。
毎年7月中旬から9月上旬まで述べ32夜開催されます。
8月13日から16日は午後8時に始まり明け方まで夜通し踊り続けます。

お彼岸とお盆の違い

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

お彼岸は3月の春分の日と9月の秋分の日の前後3日間を合わせた7日間を指します。

なぜ春分・秋分の日の時期かというと、仏教の西方極楽浄土の教えによります。
太陽が真東から昇って真西へ沈む春分・秋分の日は、あの世とこの世が一番近い日と考えられていました。

お盆は、ご先祖さまがあの世から私たちのもとに出向くのに対し、お彼岸は私たちがご先祖さまのところに近づく、という大きな違いがあります。


「彼岸」は仏教用語ですが、お彼岸の風習は中国やインドにはありません。
古来から日本には種をまく時期である春と収穫する時期である秋に、五穀豊穣(ごこくほうじょう)をご先祖さまや山に祈る風習がありました。
四季のある日本独自の風習でといえるでしょう。

お供物

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

お彼岸のお供え物としては「ぼたもち」と「おはぎ」が一般的です。
名前は違いますが、どちらも同じものです。

「ぼたもち」が春の花である牡丹

「おはぎ」が秋の花である萩


時期によって使い分けられていました。
材料の小豆の朱色には、災難から身を守る除厄の効果があるとされていました。

まとめ

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

お盆とは、ご先祖さまの霊を供養する期間です。
お墓参りしたり、お仏壇の前で手を合わせたりして、日頃の感謝の気持ちを伝えてみてはいかがでしょうか。

♡お問い合わせはこちら♡
♡公式インスタグラム♡

この記事のライター

お読みくださりありがとうございます♪
小代田萌花(こよだ もえか)と申します。
愛ベースのマナーで笑顔の連鎖を作ります♡