【テーブルマナー】ショートケーキのイチゴを最初に食べるのはマナー違反?

【テーブルマナー】ショートケーキのイチゴを最初に食べるのはマナー違反?

季節関係なく、朝食やデザートで食べるフルーツ。実は、フルーツにも作法があります。フルーツそのものの頂き方、ケーキとしての頂き方など紹介いたします^^


ご訪問ありがとうござます。
マナー講師の小代田萌花(こよだもえか)と申します^^

毎日暑い夏、みずみずしいフルーツがより美味しく感じますよね。
フルーツにはビタミンが多く含まれています。
ビタミンは疲労回復や紫外線を浴びた肌のケアになるのでおすすめです。

今回は、フルーツの美しい食べ方について紹介いたします♪

フィンガーボウル

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

果物は直接手で食べることが多いでしょう。
このような手を使って食事をする際に活躍するのあ「フィンガーボウル」です。

フィンガーボウルは食卓で指を洗うためのボウルです。
指先消臭のために、レモンやコリアンダーが入っていることがあります。

デザートだけでなく、殻のついたカニや海老など、ナイフとフォークでは食べにくく、手を使って食事をする際に出てきます。
(手を使っても良いというサイン)

指の第二間接まで、片方ずつ入れて指先の汚れを落とします。
洗い流したら、膝の上に置いていたナプキンで濡れた指先をふきましょう。

バナナ

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

バナナが皮ごと出されることは滅多にありませんが、バナナにもナイフとフォークを使った食べ方があります。

1.ナイフで左端、右端を切る

2.フォークで抑え、上側の皮を左から右へ切る

3.ナイフとフォークで皮を前後に開く

4.中身を左側から食べやすい大きさに切って食べる

5.食べ終えたら、皮を元の形に戻す

ぶどう

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

マスカットや巨峰など、実が大きいものは皮を剥いて食べます。
花びらのように剥くと上品な印象です。

タネは、握りこぶしを作り、その中に出します。


出したタネはお皿の隅へ。
剥いた皮と一緒にまとめます。

直接手で触るので、食べ終えたらフィンガーボウルで指を洗いましょう。

メロン

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

スプーンで実をすくって食べるか、ナイフでカットして食べます。

1.フォークで左側をおさえ、ナイフで皮にそって切り込みを入れる

2.中央まで切り込みを入れたら反対側に返す

3.残り半分にも切り込みを入れる

4.左端から食べやすい大きさに切って食べる

イチゴ

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

添えてある砂糖やクリームは好みによってかけ、スプーンの背で押しつぶして食べます。
砂糖をかけてそのまま食べても良いです。

ちなみに…
ショートケーキのイチゴは、真っ白なケーキに彩を添えてくれるもの。
主役のイチゴを先に食べてしまうと、見た目が寂しくなってしまいます。

左のほうから食べていき、イチゴのところまできたら、イチゴを食べるようにしましょう。

オレンジ

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

皮付きのオレンジは、手を使って皮を剥いて問題ありません。
切り口を相手に向けないように気をつけましょう。

スイーツ

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

フルーツはタルトやパフェなどのスイーツにも使われているので、いくつかピックアップしてお伝えいたします^^

タルト

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

底のタルトがうまく切れないので、先にフルーツやクリームだけ食べてしまいがち。
フルーツタルトはフルーツ、クリーム、タルトのハーモニーを楽しむものなので、分けてしまってはもったいないです。

底に固いタルト生地がある場合は、まずはフォークを縦に入れます。
一度刺してから、フォークを倒して横に切るのがコツです^^

パフェ

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

混ぜながら食べるパフェもありますが、そうでなければ上から順に食べましょう。
お箸の作法「探り箸」(器の中のものを探すようにかき回すこと)が行儀が悪いと言われているように、スプーンも同じです。

また、一口で食べきれない大きなフルーツの食べかけを器に戻すことも無礼。
一度口にしたら、2〜3口で食べきるようにしましょう。

さくらんぼなどのタネは、器の中ではなく、お皿の上へ。
ナプキンなどで包むとなお良いです。

まとめ

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

季節関係なく食べられるフルーツ。
特にこの暑い季節、暑中見舞いや残暑見舞いで頂くことも多いのではないでしょうか。
色鮮やかな美味しいフルーツを美しい作法で楽しみませんか♪

この記事のライター

お読みくださりありがとうございます♪
小代田萌花(こよだ もえか)と申します。
愛ベースのマナーで笑顔の連鎖を作ります♡