【年中行事】暑さを気遣う習慣「お中元」「暑中見舞い」「残暑見舞い」について

【年中行事】暑さを気遣う習慣「お中元」「暑中見舞い」「残暑見舞い」について

日本の行事はお祝い事だけでなく、相手を気遣う思いやりの文化もあります。「お中元」「暑中見舞い」「残暑見舞い」もそうです。それぞれどのような愛ベースマナーがあるのか、確認してみましょう^^


ご訪問ありがとうございます。
マナー講師の小代田 萌花(こよだ もえか)と申します。

夏のご挨拶は「お中元」「暑中見舞い」「残暑見舞い」と様々です。
それぞれどのような違いがあるのかご存知ですか?

お中元とは

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

起源は、中国の道教にあると言われています。
古代中国の道教では「三元」の日に、三人の神様を祭っていました。

・1月15日の「上元」には福をもたらす神様(天官)
・7月15日の「中元」には罪を許す神様(地官)
・10月15日の「下元」には災害除けの神様(水官)

その中で7月15日の「中元」は、仏教におけるお盆の行事と同じ日だったことから、日本に伝わったとされています。
(そのため、「お中元」を「盆供」「盆礼」と呼ぶ地方もあります。)

日本でのお中元のはじまりは、仏様へのお供物を親類や近隣に配ることでした。
やがて、商売の得意先やお世話になった方へ、日頃の感謝の気持ちを込めて贈る習慣に変わっていきました。
現代でも、お礼や健康を願う気持ちを伝える良い機会として大切にされています。

贈る時期

関東では一般的に7月1日〜7月15日としています。
関西など、地域によっては、7月15日〜8月15日のところもあります。
お贈りする際は一度確認しましょう^^

また、お中元はお祝いの品ではないので、贈る側・贈られる側のどちらかが喪中でも贈ることができます。
ただ、贈り先が忌中や喪中の場合、お中元に紅白の水引はかけず、無地の短冊を使うようにしましょう(リボンは問題ありません)。
また、贈り先の忌中が明けていない場合は、明けてから贈りましょう。

暑中見舞いとは

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

1年で最も暑い時期(7月中旬〜末)にお相手の安否・健康を気遣う習慣です。
お中元の時期を過ぎたら「暑中見舞い」となります。
贈り物をしたり、訪問したりする風習があります。

残暑見舞いとは

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

なかなか終わらない暑さを見舞うものです。
贈る時期は立秋(8月7日)〜8月いっぱいとされています。
暑中見舞いと時期が近いため、どちらか片方を出せば良いでしょう。

暑中(残暑)お伺いとの違い

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

「暑中(残暑)お見舞い」という言葉が一般的に定着しています。
しかし、「見舞う」という言葉は相手より優位にたった表現になります。
そのため、目上の方に対しては「暑中(残暑)お伺い」とした方がより丁寧です。

手紙の書き方

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

「拝啓ー敬具」「前略ー早々」などは書きません。
これらは挨拶の代わり。
「暑中お見舞い申し上げます」「残暑お見舞い申し上げます」と挨拶するため、不要です。

他にも、句読点も不要です。
(年賀状や結婚式の招待状、喪中葉書も同様)

慶事や表彰などにおいては、「祝い事が続くように区切りを付けない」という意味。
喪中葉書においては、「忌み事が滞りなく流れるように」という意味で使わないのです。

まとめ

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

「お中元」「暑中見舞い」「残暑見舞い」時期は違えど、どれも相手の身体を気遣った思いやりの気持ちです。
真心こもった贈り物が届くと、嬉しさで暑さを忘れられますよね。
お返しをする際は時期をご確認くださいね。

ご覧くださりありがとうございました^^

♡お問い合わせはこちら♡
♡公式インスタグラム♡

この記事のライター

お読みくださりありがとうございます♪
小代田萌花(こよだ もえか)と申します。
愛ベースのマナーで笑顔の連鎖を作ります♡