【年中行事】秋の風物詩「十五夜」の楽しみ方

【年中行事】秋の風物詩「十五夜」の楽しみ方


ご訪問ありがとうございます。
マナー講師の小代田萌花と申します。

日本の秋の風物詩といえば「十五夜」
十五夜は「中秋の名月」とも呼ばれ、「秋の真ん中に出る月」という意味があります。

十五夜に込められた想いをご存知ですか。

十五夜の歴史

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

日本では太古の昔から月を神聖視していたようです。

十五夜ではありませんが、縄文時代には「月を愛でる」風習があったと言われています。

十五夜の月見が盛んになったのは、平安時代。
中国から伝わり、貴族の間に広まりました。

月を見ながら、船の上で詩歌や管弦に親しむ風流な催しだったそうです。

貴族たちは空を見上げて月を眺めるのではなく、水面や盃の酒に映った月を愛でました。

庶民も十五夜を楽しむようになったのは、江戸時代に入ってからだといわれます。

「満ち欠けする月の様子」や「作物が月の満ち欠けとともに成長する」ことから、

・農作物の収穫

・ものごとの結実

・祖先とのつながり


を連想し、それぞれを祈りました。

貴族のようにただ月を眺めるのではなく、感謝や喜びの意味合いが大きかったようです。

月のうさぎの由来

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

「月にうさぎがいる」という伝承は日本をはじめ、アジア各国で古くから言われています。

この話はインドに伝わる『ジャータカ』などの仏教神話にみられます。

猿、きつね、うさぎの3匹が、山の中で力尽きて倒れている老人に出逢いました。
3匹は老人を助けようと、猿は木の実を集め、きつねは川から魚を捕り、老人に食料として与えます。
しかし、うさぎだけは、どんなに苦労しても何も採ってくることができませんでした。
自分の非力さを嘆いたうさぎは、何とか老人を助けたいと考え、猿ときつねに火を焚いてもらい、自らの身を食料として捧げるべく、火の中へ飛び込みました。
その姿を見た老人は、帝釈天としての正体を現し、うさぎの捨て身の慈悲行を後世まで伝えるため、うさぎを月へと昇らせました。
月に見えるうさぎの姿の周囲に煙状の影が見えるのは、うさぎが自らの身を焼いた際の煙だと言われています。

この話は日本に渡来し、『今昔物語集』などにも収録されています。

時期

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

旧暦では、月の満ち欠けにより日付を決めていたので、十五夜とは、旧暦8月15日の満月を意味しました。
また、旧暦で秋は7月~9月となっており、その真中の日が旧暦の8月15日になるため「中秋」と呼ばれています。
新暦では、9月7日~10月8日頃です。

十五夜は毎月あるのに、中秋の名月だけお月見をするのは、月がとても美しく見え、お月見するのに最も適している日だから。

2018年の十五夜は9月24日(月)です。

お供え物

月見団子

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

お月見の日に団子を供える習慣は、江戸時代からと言われています。

「これからの収穫」を祈るということで、収穫物である米の団子を用意したのが月見団子の由来だと考えられています。

また、団子の数は十五夜なら15個。ピラミッドのように積んで供えます。
これは、一番上の団子が霊界との懸け橋になると考えられていたからです。

ススキ

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

ススキは秋の七草の1つ。
白い尾花が稲穂に似ている、魔除けになるという理由で供えるようになりました。

農作物

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

里芋、栗、枝豆など収穫されたばかりの農作物を供え、豊作に感謝していたようです。
中でも里芋を供えるのは一般的で、「中秋の名月」は「芋名月」の異名をもちます。

お月見の楽しみ方

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

十五夜のお供え物は、健康や幸せを願う意味が込められています。
お供え物を食べることにより神様との結びつきが強くなると考えられているため、十五夜のお供え物は食べても良いとされています。

地域によっては、子どもたちが
「いもはまんだかな」と言いながら、お宅を訪ね歩き、お芋やお菓子をもらうそうです。

ハロウィンの文化に似ていますね!

♡お問い合わせはこちら♡
♡公式インスタグラム♡

この記事のライター

お読みくださりありがとうございます♪
小代田萌花(こよだ もえか)と申します。
愛ベースのマナーで笑顔の連鎖を作ります♡