【立ち居振る舞い】もう失敗しない!第一印象の築き方

【立ち居振る舞い】もう失敗しない!第一印象の築き方


ご訪問ありがとうございます。
マナー講師の小代田 萌花(こよだ もえか)と申します。

マナーの観点から、社会生活や私生活で、最も大切なことは何だと思いますか。

「第一印象」です。


第一印象はお会いしてからわずか数秒で決まってしまうと言われています。
第一印象が失敗してしまった場合、くつがえすことは可能です。
しかし、そのためには1年以上、毎月その方とお会いしないと
“本当は良い人だね”となることは難しいでしょう。

会う人、会う人、第一印象を失敗してしまっては追いつかないです。
1週間続けることは難しいですが、会って数分でこの先良い関係を築くことができるなら、お得だと思いませんか?

第一印象には5つの要素があります。

1.笑顔

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

ポイントは“目から笑っている”笑顔。
そうすることで、相手に話しやすい環境を提供でき、円滑に話しを進めることができます。
目から笑えていないと相手は「つまらないかな?」「愛想笑いしているな」とネガティブな印象を与えてしまします。

目から笑った笑顔とは

本田翼さんのような笑顔です。
彼女の笑顔を見ていると、こちらまで笑顔になりませんか。
目がくしゃっと、三日月型になるほどの笑顔です^^

チェック方法

ご自分が目から笑えているのか確認する方法は、目から下を隠します。
目元だけを見て、笑っていることがわかればOKです^^
(笑顔に見えないな)と思われた方は練習してみましょう!
鏡の前に立ったら、数秒、笑顔の確認をするだけでも、変わってきますよ。

2.笑声

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

語尾にニコちゃんマークがついているような、表情を見ていなくても笑顔なのが伝わる声。

イメージはCAさんの機内アナウンスです!

小さな声でお話すると、自信がないようなネガティブな印象を与えてしまいます。
第一印象で「自信がなさそう」や「元気がない」というような印象を持たれてしまっては残念です。

普段ご家族やご友人とお話しするよりも大きな声でお話しください。
例外として、公共の場は小さな声で。
それ以外は、いつも大きな声で、声を張ってお話ししましょう。

謙虚さやおしとやかさ、アンニュイさは、関係性ができてから伝わりますので、第一印象では自信が一番です!

3.挨拶

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

あいさつは、明るく、いつも、先に、続けて(プラスα)です。
過去に取り上げたことがあるので、こちらを参考になさってくださいね。

4.清潔感

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

初めてお会いする方が服はシワだらけ、爪は伸びっぱなし、寝癖もある、といった様子だったらどうでしょうか。
だらしない、不潔、やる気がない
このようなネガティブな印象を受けませんか。

シワひとつない服、綺麗に整えられた爪、セットされている髪。
こういう方は誠実さ、責任感、自信を感じられます。

清潔感へ繋がるポイントをお伝えいたします。

爪の長さ

2〜3mmにしましょう
これは、接客業の代表格でもある日系航空会社やホテル業界でも統一されています。

ネイルの色は、透明、ピンク、ベージュがおすすめです。

髪型

お辞儀をした際、顔に髪がかからないようにしましょう。
首から上に触れることは清潔感を損ないます。
また、顔を上げた時、目にかかった前髪を首を振って避ける仕草は生意気な印象です。
髪を結ぶなり、ジェルで固めるなり、工夫すると良いです^^

ネクタイ

細いネクタイは若い印象。
太いネクタイはベテラン感があります。

説得力を増したい時などは太いネクタイがおすすめです。

5.姿勢

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

お辞儀といっても、会釈だったり、深く下げるお辞儀だったり、様々です。
では、頭を深く下げるお辞儀はどのような場面でするでしょうか。

→謝罪


挨拶やお礼などのポジティブなお辞儀の時にも、深々と頭を下げてしまうと、謝罪のときに気持ちが伝わらなくなってしまいます。
この場合、謝罪のときは土下座になってしまいます。

謝罪はトラブルのときにします。
何も非がないのに
「すみません」と謝っていると、いざというときに謝罪の気持ちが伝わりません。

部屋に案内された時、資料を持ってきてくれた時など、
「すみません」ではなく
「ありがとうございます」を使いましょう。

舞台のカーテンコールのお辞儀が深いのは、客席よりステージの方か高く、お客様を見下ろしてしまうから。
「ありがとうございました」とポジティブなお辞儀でも深いお辞儀をしています。

ポジティブなお辞儀の姿勢

女性の方

左手を上にして指先を揃えて綺麗なハート形を作ります。
刀や銃などの武器を持っていた時代、右手を左手で抑えることで「攻撃しませんよ」というサインになっていました。
今は武器を使うことはありませんが、これが国際基準になっています。

位置は、おへその下です。
おへその上だとファストフード店の店員さんのようになってしまいます。
ファストフード店の店員さんはレジがあるので、お客様から手が見えるように、高い位置で揃えています。

足は前後少しずらすとより美しいポーズになります。

男性の方

体側です。
後ろで組むと、偉そうな印象になってしまいます。

重心は真ん中にし、足は揃えましょう。
片足重心にすると、偉そうで上から目線な印象になってしまいます。

お辞儀の角度

相手から顔が見える角度です。
90度まで下げてしまうと、言葉が床に向かってしまいます。

また、最後まで笑顔をキープしてください。
顔をあげたとき、真顔になっていると「営業スマイルだったんだ」「裏表あるのかな?」と第一印象が悪くなってしまいます。

これはお辞儀の時だけでなく、お客様と顔を合わせた時はいつもです。
常に笑顔でいることは難しいので、お客様から三歩歩くまでは笑顔でいてくださいね。

愛ベースのマナーで笑顔の連鎖を作る

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

初めましての時はもちろん、その日初めて顔を合わせた際にも実践すると、お会いするたびに仲が深まっていきます。

ぜひ、実践して大きな笑顔の連鎖を作ってくださいね^^

♡マナーレッスンお申し込み♡
♡無料マナーメルマガ♡

この記事のライター

お読みくださりありがとうございます♪
小代田萌花(こよだ もえか)と申します。
愛ベースのマナーで笑顔の連鎖を作ります♡