【トレーナーインタビューvol.1】〜ダンスで道を切り開いたトレーナーJESSさん〜

【トレーナーインタビューvol.1】〜ダンスで道を切り開いたトレーナーJESSさん〜

日本にも大流行したクロスフィット。 次に流行ると噂されているのがBREAKLETICS。 それを日本に広めるために奮闘中のJESSトレーナーの素顔に迫りました。


どうも!
1流のパーソナルトレーナーになるために修行中のまちょれろです!
パーソナルトレーナーになるためにすでに活躍されているトレーナーの方を取材し大切にしていることや心構えなど、よりトレーナーとしての力を身につけるために勉強させて貰うのが今回の企画の目的です!

記念すべき第1回目は僕と同い年で中野のIMPROVEMENT STUDIOでパーソナルトレーナーとして活躍されているJESSトレーナーを取材してきました!

今回のインタビュイー(インタビューを受ける人)は?

身体を変えるプロのパーソナルトレーナーでもありブレイクダンスとフィットネスを融合させたブレイクレティクスオフィシャルトレーナーのJESSさん。
器具を使った指導はもちろん 自体重を中心にしたメニューでその人に合った適切な方法を指導。
さらにはスタジオレッスンでは映えるダイエットとしてブレイクレティクスの指導も行っています。
※左がJESSトレーナーです。

なぜフィットネスに興味を持ったのか?

《まちょ》JESSさん今日はよろしくお願いします!ズバリJESSさんはなぜフィットネスに興味を持ち、トレーナーとして活動されるようになったのですか?

《JESSさん》まちょさんこちらこそお願いします!トレーナーになった一番の理由はスタジオレッスンでも行っているブレイクレティクスとの出会いが全てでした。実は21歳頃までずっと工場で働いていて、仕事が終わると仲間たちとダンスをするのが日課でした。
その内容をSNSでアップしていたらドイツにあるブレイクティクスの本部から声がかかったんです。

《まちょ》そうだったんですか!?まるでドラマの世界みたいでびっくりです。そこからインストラクターの資格を取得されたんですか?

《JESSさん》自分もびっくりしました。3ヶ月間オンラインで研修を行いました。研修で学んだ動きを動画で送り フィードバックの繰り返しでした。研修を全て終え インストラクターの資格を頂きました。そのあと22歳の時にドイツに招待されて、直接研修を受けさせて頂いたのは今もよく覚えています。

《まちょ》ここまでお話を伺う限り ブレイクレティクスと出会ってからトントン拍子に進んで行った印象があります。資格を取得されてからはいかがでしたか?

《JESSさん》自分でもびっくりするくらいの展開でした。ただ資格を取得してから大変な時期が続きました。ブレイクレティクスを日本に広めたいと思っても、個人の発信力の限界も感じていました。トレーナーだけではなくダンサーとして二足の草鞋で活動している時期が続きました。
けどたまたまお店のオーナーがジムをやりたいと考えていて、自分の動きを見てトレーナーとしてやってみないか?と声をかけてくれたんです。

《まちょ》これまたドラマの再現を見ているみたいです笑

《JESSさん》自分でもそう思いました笑。そこからトレーナーとして必要な知識を改めて学び直し 現在の活動に至りました。

指導する時に一番大切にしていることは?

《まちょ》これまで多くのお客様を指導してきたと思いますが、JESSさんが一番大切にしていることがあれば教えて頂きたいです。

《JESSさん》特別変わったことではないかもしれませんが【基礎】や【コア】を大切にしています。
僕がダンスの経験が長いことも影響していますが、体幹をしっかり鍛えて欲しいので自体重を使ったトレーニングを中心に指導しています。

《まちょ》最近ではマシンやフリーウエイト使ったトレーニングが老若男女問わず主流になっていますが、その中で自体重トレーニングに重きを置いてる理由は何ですか?

《JESSさん》もちろん筋力アップやダイエットにウエイトトレーニングは効果的です!
ただそれ以前に基礎的な動きを僕は大切にしています。怪我のリスクを下げるだけではなく、まずは人間本来の状態に戻してからでも筋力アップやダイエットは遅くはないと考えています。

《まちょ》僕自身がウエイトを使ったトレーニングを中心に行ってきたので、自体重で人間本来の状態は見落としていたかもしれません。。

《JESSさん》そう仰って頂けて嬉しいです。自体重のトレーニングも工夫一つでマシンと同じくらい追い込むことができます。それにちょっとのスペースでできるのも魅力の一つです!僕のトレーニングは自体重というよりファンクショナルトレーニング(機能性を上げる)と呼んだ方がわかりやすいかもしれません。

《まちょ》確かにそうですね!人間本来の機能を戻すという部分にもリンクしてきますね!他にメンタル的な部分で意識していることはありますか?

《JESSさん》うーん。一番は大っきな声で鼓舞することかな?やっぱり実際にトレーニングをしているお客様は誰よりも辛いと思うので、少しでもエネルギーを与えてあげたいって考えています。
あとは一緒にできる種目は必ず一緒に行っています。一緒にキツさを共有することでお客様も一人じゃないという安心感に繋がると思います。

《まちょ》確かにトレーニングに慣れていないお客様は特に不安を強く感じるので、大きな鼓舞は勇気にもなりますね!
あと一緒にできる種目は一緒にやる 早速真似させて頂きます笑

《JESSさん》ぜひぜひ真似してください笑!
ちなみにパーソナルよりもダンスレッスンの方がより大きな声を出すので ぜひ今度体験してみてください。

《まちょ》あ、自分ダンスは苦手なので。。

《JESSさん》みんな最初は初心者なので、安心してください!

《まちょ》....

これからの目標はありますか?

《まちょ》最後にJESSさんのこれからの目標を教えて頂けますか?

《JESSさん》ありがとうございます。まず大きな目標はブレイクレティクスを日本に広めることです。徐々に一般の方に認知されてきてはいますが、知らない人が多いのが現状です。僕がどんどんブレイクレティクスの良さを発信して 一般のスポーツクラブのスタジオでも当たり前のように行われるようにしたいです。

《まちょ》そうなったらJESSさんも大忙しですね。

《JESSさん》確かに僕一人だったら とてもじゃありませんが、対応しきれません。
なので同じ志を持った仲間を集め インストラクターを増やしていく必要もあります。
これからインストラクターがたくさん増えてくると思うと楽しみです!

《まちょ》お客様に教えるだけではなく、インストラクターを育成する側にも回るんですね。動きを見る限り お客様に教える以上に難しそうですね。

《JESSさん》確かに動画だけ見ると難しく感じるかもしれないです。けど一つ一つ基礎をマスターすれば そんなに難しくないんですよ。

《まちょ》本当ですか?笑

《JESSさん》本当です笑。それに僕はブレイクレティクスだけじゃなく、ブレイクダンスも日本に普及できたらって考えてます。
ブレイクダンスは難しくて危険なことではなく、誰でも楽しめる身近なものにしていきたいです!

《まちょ》確かに筋トレも少し前までは男性が身体を鍛えるためというイメージが強かったですが、今では女性にとっても当たり前のことになっていきましたね。

《JESSさん》そうなんです!それと一緒でブレイクレティクスもブレイクダンスも僕がどんどん当たり前にしていきます!

《まちょ》言葉からとても熱意を感じます。
これからのJESSさんもブレイクレティクスもワクワクしますね!
最後に長くなりましたが、本日はインタビューを受けてくださり ありがとうございます!

《JESSさん》こちらこそありがとうございます!僕もまちょさんのこれからが楽しみです。同い年として切磋琢磨して一緒にフィットネス盛り上げていきましょう!

《まちょ》ありがとうございます!JESSさんに負けないように今まで以上に頑張ります!

最後に

今回はパーソナルトレーナーとしてだけでなく、ブレイクレティクスを日本に広めようとしているパイオニアのJESSさんに取材を行いました。

取材で一番感じたことはとにかく人柄の良さです。
最初から最後まで笑顔で対応してくださり、初めてのインタビューの緊張も解いてくれました。

ブレイクレティクスに出会ったことやダンサー時代に声をかけられたこともJESSさんの人柄が引き寄せたのかな?と感じることができました。

改めてトレーナーとして大切なことは技術や知識だけではなく、トレーナー自身の人柄や人間力だと取材を通して学ばせて頂きました。

JESSさん本当にありがとうございました!!

この記事のライター

関連する投稿


ベンチプレスが効かない時に気をつけたいポイントとは?

ベンチプレスが効かない時に気をつけたいポイントとは?

大胸筋を鍛える代表種目のベンチプレスが効かない?そんなときに気をつけたいポイントとは?


良い脂vs悪い脂〜良い脂ってどれ?〜

良い脂vs悪い脂〜良い脂ってどれ?〜

ついダイエットの敵と考えがちな脂。。。けど摂ることで健康促進できる脂も? 日本人が摂るべき脂とは?


プロテインを飲むとお腹が痛くなる?〜もしかしたら乳糖不耐症〜

プロテインを飲むとお腹が痛くなる?〜もしかしたら乳糖不耐症〜

いつもプロテインを飲むとお腹が痛くなる。もしかしたら乳糖不耐症かもしれませんよ?乳糖不耐症のメカニズムと解決法を紹介します(^ ^)


寝る子は育つ♫身体作りに欠かせない睡眠の質を高めるには?

寝る子は育つ♫身体作りに欠かせない睡眠の質を高めるには?

昔から寝る子は育つと言われていますね♫確かに睡眠の質が高い人はそれだけで生活の質が違います。けど身の回りには睡眠の質を下げるモノがいっぱい、、、もっとよく眠るために今日からできることって?


カラダを大きくするには過負荷が必要〜オーバーロードの原則って?〜

カラダを大きくするには過負荷が必要〜オーバーロードの原則って?〜

身体を大きくするには筋肉に負荷をかける必要があります。 一番は簡単なのは重量を上げること。。 けどそれ以外に負荷を上げる方法ってないの?