【日本文化】感謝を伝える、食前・食後のご挨拶

【日本文化】感謝を伝える、食前・食後のご挨拶


ご訪問ありがとうございます。
マナー講師の小代田萌花(こよだもえか)と申します。

食前、食後の挨拶「いただきます」「ごちそうさま」
世界では何も言わずに食事を始め、何も言わずに席を立つ国もあります。
また、「いただきます」「ごちそうさま」と言わない代わりに神様に感謝の言葉を述べる文化の国も存在します。

「いただきます」「ごちそうさま」の起源をご存知ですか?

語源は“感謝”

「いただきます」

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2
犠牲になった動物・植物への感謝の気持ち を表しています。

健康に生きるためには、栄養をつけなければなりません。
そのためには肉・魚・野菜・果物をバランスよく摂る必要があります。
「命を頂き、自らの命にさせて頂きます」という感謝の気持ちが込められています。

また、料理が提供されるまでに関わった全ての方へのお礼でもあります。
食材を作った方、それを販売している方、調理した方など。
「いただきます」には、人や神様、命を支える動植物、それを生み出す天地の恵みなど、全てへの感謝の気持ちを表した言葉なのです。

ちなみに…

日本では地域によって、同じ言葉でもイントネーションが違ったりします。
ですが、「いただきます」は地域差がなく、ほぼ全国共通です。

「いただきます」は動詞の「頂く」から派生したもの。
「ます」をつけないと、挨拶として機能しない言葉です。

*「頂く」は「もらう」「受け取る」の謙譲語
*謙譲語とは、自分を下げて、相手を敬う表現

「ごちそうさま」

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2
「ごちそうさま」を漢字で書くと「ご馳走様」となります。
“馳”と“走”はどちらも「走る」という意味があります。
食後の挨拶になぜ「走る」が使われるのでしょうか。

ご足労のお礼

昔は簡単に食材を買いに行くことができず、食事を作るのに遠くまで走って食材を調達しなくてはなりませんでした。
走ってまで食事を用意してくれることに対して、敬意を込めた「ご」と「様」をつけて、お礼を伝えるようになりました。
一度の食事のために奔走してくれる方々への感謝の気持ちを表した言葉なのです。

ごちそうさまと言われたら?

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2
一般的には「お粗末様でした」が使われていました。
「粗末なものを出しました」という意味。

贈り物をする際に「つまらないものですが」と言って渡すのと同様
自分が出したものを謙遜する日本人の謙虚な気持ちが表れた言葉です。
しかし、時代錯誤から現在は好まれません。
「粗末なものを出すなんて」と思われてしまうことも。

「お口に合いましたか」などと言い換えるとを推奨いたします^^
贈り物をする際も「ご笑納ください」とすると良いです。

海外のお礼は?

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2
日本の「いただきます」と同じような「良い食事を」と言う国があります。

代表的なのが
ドイツ(Guten Appetit!)
フランス(Bon appétit)
スペイン(¡Buen provecho! )
イタリア(Buon appetito!) などです。

「いただきます」「良い食事を」と言う文化がない国では、進行している神様に祈りを捧げます。
世界中、方法や言葉は違えど、食へ感謝の気持ちを伝える文化は同じですね。
♡お問い合わせはこちら♡
♡マナーメルマガ(無料)♡

この記事のライター

お読みくださりありがとうございます♪
小代田萌花(こよだ もえか)と申します。
愛ベースのマナーで笑顔の連鎖を作ります♡