男女の色の見分け方の違い

男女の色の見分け方の違い

色覚が衰えているという理由などがなければ、どの色も誰にでも同じに見えていると思っていませんか?実は、色の見え方は男女の身体の構造上、違って見えているんです!この記事では男女で色の見え方どう違っているのかをご紹介します!


前回は右脳と左脳で色の捉え方が違うというお話をしましたね!
今回は男女での色の捉え方の違いについてご紹介していきます。

この世の中にはざっくり分けると2つの性別しかありません。
その性別の違いはモノや色の見え方の違いにも表れるようです。

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

ご先祖様の生活スタイルが今の私たちにも影響している

最新の研究によると、女性は色の違いを見分けることに優れ、男性は素早く動く物体を目で追ったり、遠くの細かいものを見分けたりすることが得意ということがわかっているそうです。
このような違いがなぜあるのか….それを遡ってみると、人類が狩猟採集生活を送っていたことと関係している可能性があるのです。

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

男女のモノの見え方・色の捉え方に関する、あるテストを行ったところ、同じ色だと答えた色調に男女で違いが見られました。

「可視光スペクトルのほぼ全域にわたって、同じ色相を知覚するのに男性は女性よりやや長い波長を必要とする」

可視光スペクトルとは

可視光スペクトルとは
※太陽やそのほか様々な照明から発せられるものを可視光線はと言います。
通常は様々な波長の可視光線が混ざった状態であり、この場合、光は白に近い色に見えます。
プリズム(理科の光の屈折の話の時によく出てくるものです)などを用いて、可視光線をその波長によって分離してみると、それぞれの波長の可視光線が、人の目には異なった色を持った光として認識されることがわかります。
各波長の可視光線の色は、日本語では波長の短い側から順に、紫、青紫、青、青緑、緑、黄緑、黄、黄赤(橙)、赤で、俗に七色といわれます。波長ごとに色が順に移り変わること、あるいはその色の並ぶ様を、スペクトルと呼びます。

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

男性の色の感覚は少し赤みがかっている

話を戻します。
先ほど、男性の方が女性より波長が長いとお伝えしましたね。
波長が長いほど「暖かい」色になるため、例えば果物のオレンジは、男性には女性より少し赤みがかって見えている可能性があります。
同様に緑の草は、女性のほうがより緑色に見え、男性には少し黄色がかって見えている可能性があります。

色の見分けは女性の方が優れている?

また研究では、色のスペクトルの中央にある青、緑、黄色の識別において、男性は女性に劣ることも明らかになったそうです。
つまり、女性の方が青はより青く、黄色はより黄色に見えていて、それに対して男性はその色の見え方が少し劣ってしまうようです。
色を見分ける力は女性の方が持ち合わせています。一方で、男性の方は細部の素早い変化を遠くからとらえる能力に優れています。特に、点滅する光の列の、幅がより狭く点滅の速度がより速いものを見分ける能力に優れていたそうです。
男性がこの能力に長けているのは、脳の視覚野の神経発達が男性ホルモンによって促進されるためだとされています。
男性は女性に比べ、特にテストステロンが豊富なため、脳の視覚野の神経細胞は生まれつき女性より25%も多いのです。

冒頭で色やものの捉え方に違いがあるのは人類が狩猟採集生活を送っていたことと関係すると書きましたが、男性の祖先は過去に狩猟を行っていて「捕食者や獲物かもしれないものを遠くから見つけ、それらを識別、分類することに長けていなければならなかった」のです。
一方、“採集者”であった女性の視覚は、野生の木イチゴなど、手近な動かない物体の認識により適応していたので、現在も女性の方が色を見分ける能力に長けている可能性があります。

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

女性はわずかな色の違いも見分けられる

女性は色の絶対的な感度においては男性に劣ります。
しかし、同じ色のわずかな色調の違いを見分けることにおいては、女性のほうが優れている傾向にあります。
色を判断する能力、つまり、それがどんな色でその色にどんな意味があるのかといったことを説明したり理解する能力に関しては、女性のほうが男性よりはるかに優れています。


女性用の口紅やアイシャドウ、マニュキュアなどはかなりの数の色があり、同じピンクでも微妙にちょっとずつ違いますよね。
女性はそのわずかな差を感じ取っているのです。
男性からしてみれば、そのわずかな違いはなかなか感じられず、同じように思ってしまうものなんですね。笑

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

まとめ

男性

・可視光スペクトルの波長が女性より少し長い
 そのため、女性よりも赤みがかった色に見える
・脳の視覚野の神経が男性ホルモンにより女性より発達している
 動いているモノの動きや変化に気付きやすい

女性

・女性は色を見分ける能力に長けている
 そのため化粧品などは同じ系統色でも多色取り揃えられている
・女性は青/緑/黄などの色が男性よりもハッキリ見えている



男女の視覚などの構造上、女性は色の見分けに鋭く敏感です。
ですが、男性はそうではありません。
なので、、、

世の中の女性の皆さん、男性に変化に気づいてもらうことにあまり期待はしすぎないようにしましょう!笑

もちろん世の中にはそのわずかな変化でも気付いてくれる素晴らしい男性も居ますが"ちょっと髪の毛の色を暗くした"とか、"チークの色を同じ系統だけど違う色に変えた"などは、男性にとっては気付きにくいもの。。。
なので、気づいてもらえなくても恋人や旦那様を責めたり、落ち込んだりしないようにお気をつけくださいね!笑

この記事のライター

関連する投稿


チラシをなんとなく作っていませんか? 集客効果2倍♡お客様を呼び込むチラシの条件

チラシをなんとなく作っていませんか? 集客効果2倍♡お客様を呼び込むチラシの条件

集客ツールとして有名なチラシ。折り込みや街中で配られているチラシなどいろんなところで活躍していますが、配っても集客効果0なんてことも、もちろんありえます。逆にチラシの効果で爆発的人気に!なんてこともありえます。 チラシも使いようによっては最強の集客ツールなのです!どんなチラシが効果があるのか学んでいきましょう。


ロゴは安ければいいもんじゃない?!デザイナーに頼むべき理由3つ 

ロゴは安ければいいもんじゃない?!デザイナーに頼むべき理由3つ 

今やロゴは格安で作れるものからかなり高額で作れるものなど様々。会社や商品、サービスの顔としての役割を果たすロゴですが、費用を抑えるために格安で作ってしまっていませんか?ロゴはデザイナーに頼むべき!という理由5つを紹介


意外と知らない著作権!

意外と知らない著作権!

小学校などで一度は勉強する著作権ですが、果たして実際はどんな権利なのでしょう? 権利を主張するには?権利を侵害すると課せられる罰則は?など細かく詳しく解説して行きます。


デザインで掴むブランド力

デザインで掴むブランド力

ブランドになるためにはデザインの力が必要不可欠です。 ハイブランドになるか、様々な商品に埋もれてしまうかはデザイン次第! 今回はブランド力を上げるために必要なことについてご紹介します。


色やイラストだけでは表現しきれない!キャッチコピーの基本3か条

色やイラストだけでは表現しきれない!キャッチコピーの基本3か条

私たちにたくさんの情報を与えてくれるキャッチコピー。 無数の商品などから選ばれるための鍵となるのがこのキャッチコピーなのです。 タイトル+キャッチコピーでいかに消費者の心を動かすかで購買の確率が上がっていきます。 今回はこのキャッチコピーの基本となる3か条をお伝えしていきます。