ロゴが完成するまでの道のり

ロゴが完成するまでの道のり

企業やお店、デパートなどですら持っている”ロゴ” 今回はそのロゴがどうやって出来上がってくるのかの一連の流れをご紹介します。 最近は簡単に、安く作成できてしまうロゴメーカーサイトなども多数ありますが、丁寧に作ろうとするとかなり時間がかかったりします。


今回はロゴについてと出来上がるまでの作業の流れなどについて触れていきます。
今は大体の会社にもトレードマークとなるようなロゴがありますね。
そんなロゴたちが果たしてどうやって出来上がっていくのかをご紹介していきます。

ロゴとは?

ロゴはCI(コーポレートアイデンティティ)を司る、会社の「マーク」になります。
CIは、人間の顔と同じで、ぱっと見て何の会社か判断できるものである必要があります。
ロゴ=CIではないのですが、ここではわかりやすく同じようなものとして解説していきます。
ロゴは、次の要件を満たす必要があります。

会社の顔であり、会社の存続する限り、顔であり続けられる普遍的なデザイン

お客様が、商品を買いたくなる(サービスを利用したくなる)色・デザイン

社員が一致団結できる旗印となれるデザイン

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

会社にロゴは一度決めたらよほどのことがない限り、変えることはないと思います。
コロコロ変えすぎてしまうと、せっかくのロゴが台無しな上に、いつまでもお客様に認知してもらえません。
また、ロゴはお客様がそれを見てサービスを利用したくなったり、購入したくなるものでなくてはなりません。
少なくとも、サービスの邪魔になってはいけません。



さらにロゴは、社員が一致団結するための「旗印」ともなります。最低限、モチベーションを下げないデザインである必要があります。
以上のことを真面目に考えると、シンプルなものにならざるを得ない気がします。

ロゴの種類

ロゴは大きく分けて3種類のタイプに分かれます。
具体的に、企業で使われているロゴを参考に見ていくと。。。

シンボルマーク + ロゴタイプ

ロゴタイプのみ

シンボルマークのみ



本来であれば、ロゴに使われる文字のことをロゴタイプと呼びます。
1、2のロゴが圧倒的に多く、3はマークだけ見てもどの会社かわかるような大企業に限られます。

おまけ:ロゴマークとは?

ロゴマーク、というのは日本人による造語です。
英語だと文字のみの場合も、シンボルマークが付いているもの、シンボルマークだけのものも、すべて「ロゴ “logo”」です。

ロゴが出来上がるまでの一般的な流れ

 

実際にロゴを作成するにあたって、どんな流れで進めていくかをご紹介していきます。
 

 
 
 
 
まず、ロゴを作成する企業や個人のお客様と打ち合わせをします。

・どのようなコンセプトを持っているのか
・会社の理念や価値観など、大切にしていること
・今後どのような場所やものに使用するのか
・絶対に入れたいポイントはあるのか
・イメージカラーなどはあるのか
こういった細かいことを打ち合わせをし、イメージを固めていきます^^
この工程で色々聞き出すことで、より相手のイメージに近い物を作成していきます。
 
 
 
 

 
 
 
 
打ち合わせの内容を元に、まずはラフを作成していきます^^
データにする前に、まずはスケッチブックなどにひたすらアイデアを書き出します!
書くことで、どんどん形が見えてきたり、書いた物同士を組み合わせたりしていきます。
できたラフ案の中から一番イメージに合う物をいくつかピックアップして
データ作成に移っていきます。
 
 
 
 


 
 
 
ラフ案で決定したデザインをデータ化していきます。
ラフはモノクロが多いので、データ化と同時にカラー調整を行います!
指定のカラーがない場合は何パターンかカラーバリエーションを用意し提案に移ります。
 
 
 

 
 
 
 
できたデータを依頼主に一度戻し、フィードバックをいただきます。
サイズ感、色の調整、間隔、はたまた全然イメージと違うのかなど意見や追加のイメージをもらいます。
一度見てもらうことでよりイメージに近いものに修正していきます。
基本的に1度で決まることはほとんどありませんので、お互いが納得いくまで擦り合わせていきます。
 
 
 
 


 
 
 
初回提案時のフィードバックを元にデータを修正していきます。
また、作り直しの場合は一度❷へ戻り、提案時のヒアリング内容を再度確認、落とし込みをして再スケッチして、新たにアイデアを出していきます。
 
 
 
 

 
 
 
 
出来上がったデータを再提案します。
しっかりとロゴに込めた想いも伝え、より依頼主が落とし込める、愛せるようにロゴのご提案します。
この際にOKをいただいたらデータ納品に移っていきます。
 
 
 
 

 
 
 
 
納品にあたって、サイズの間違いはないか
使用用途によってモノクロのデザインも用意
必要なデータ形式のものが揃っているか
しっかりと確認をし、1つにまとめて納品をします。
 
 
 
  
データ納品後に請求書を発行し、入金確認ができたら業務完了です^^
チラシやパンフレットなどの作成の場合は、必要に応じて写真撮影があったり、文章の作成をするなど、ロゴ作成にはない工程が増えてきます。
 

特に、チラシ・パンフレットなどは依頼主側で用意をするパターンやライティングをお願いするパターンがありますので依頼主のレスポンス次第で納期は早まることもあれば伸びてしまうこともあります。
デザイナーに任せっきりではなく、自社のものなのですから多少の協力が必要です。
 
 
 

まとめ

今回ご紹介したのは、一般的な完成までの流れになります。 
かかる時間や過程など、企業やデザイナーによっては違う場合もありますのでご参考までに^^
 
 
デザイナーといえど、簡単にできる。すぐにできる。というわけではありません。
想いを込めれば込めるほど、制作には時間がかかっていきます。
デザインを依頼する場合は余裕をもって依頼するに越したことはないですね!
 

この記事のライター

関連する投稿


チラシをなんとなく作っていませんか? 集客効果2倍♡お客様を呼び込むチラシの条件

チラシをなんとなく作っていませんか? 集客効果2倍♡お客様を呼び込むチラシの条件

集客ツールとして有名なチラシ。折り込みや街中で配られているチラシなどいろんなところで活躍していますが、配っても集客効果0なんてことも、もちろんありえます。逆にチラシの効果で爆発的人気に!なんてこともありえます。 チラシも使いようによっては最強の集客ツールなのです!どんなチラシが効果があるのか学んでいきましょう。


ロゴは安ければいいもんじゃない?!デザイナーに頼むべき理由3つ 

ロゴは安ければいいもんじゃない?!デザイナーに頼むべき理由3つ 

今やロゴは格安で作れるものからかなり高額で作れるものなど様々。会社や商品、サービスの顔としての役割を果たすロゴですが、費用を抑えるために格安で作ってしまっていませんか?ロゴはデザイナーに頼むべき!という理由5つを紹介


意外と知らない著作権!

意外と知らない著作権!

小学校などで一度は勉強する著作権ですが、果たして実際はどんな権利なのでしょう? 権利を主張するには?権利を侵害すると課せられる罰則は?など細かく詳しく解説して行きます。


デザインで掴むブランド力

デザインで掴むブランド力

ブランドになるためにはデザインの力が必要不可欠です。 ハイブランドになるか、様々な商品に埋もれてしまうかはデザイン次第! 今回はブランド力を上げるために必要なことについてご紹介します。


色やイラストだけでは表現しきれない!キャッチコピーの基本3か条

色やイラストだけでは表現しきれない!キャッチコピーの基本3か条

私たちにたくさんの情報を与えてくれるキャッチコピー。 無数の商品などから選ばれるための鍵となるのがこのキャッチコピーなのです。 タイトル+キャッチコピーでいかに消費者の心を動かすかで購買の確率が上がっていきます。 今回はこのキャッチコピーの基本となる3か条をお伝えしていきます。