用紙選びでもう迷わない!おさえておきたい用紙3パターン

用紙選びでもう迷わない!おさえておきたい用紙3パターン


今回はグラフィックデザインには欠かせない、用紙について触れていきたいと思います。
用紙といっても1種類ではなく、私たちが思っている以上の種類や厚さ、色、風合いなどが存在します!
名刺やチラシ、本、ポスターなどの用途によって使い分けられていたり、その印刷物が出したい雰囲気によって使い分けられていたりします。

用紙選びは重要!

デザインをする側は、デザインが出来上がったら終わりではいけません。
用紙選び、印刷、納品まで責任を持つ必要があります。
また、デザインを依頼する側も用紙で出したい雰囲気、例えば『柔らかい手触りで温かみを出したい』という明確なコンセプトがあれば、デザイナーに任せたらイメージと違った…なんてことが防げると思います。
同じデザインでも用紙によって色の出方や印象が大きく変わってくるので慎重に選んでいきたいですね。

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

印刷で使う紙は大きく3つ

用紙の種類はかなり多く存在しますが、大きく分けた3つをおさえておけば、とりあえずはOK!
3つの用紙の特徴を1つずつご紹介していきます。


上質紙

コピー用紙を思い浮かべるとわかりやすいです。
紙にコーティングがかかっていない普通の紙になるので、ペンや鉛筆などで書きやすい・印鑑などを押しても乾きやすいという特徴があります。
よく使われるのはポイントカードやアンケート、伝票など何か書き込んだり印鑑を押す必要があるものには最適な用紙です。
しかし、紙がインクを吸いやすいという特性があるため実際に印刷をかけると発色が落ちる傾向があります。

カラー印刷ですと仕上がりのカラーがイメージと多少異なってくる場合があるので、印刷をする場合には注意が必要です!
PC上で見ているデータとは異なった仕上がりになる可能性があることは依頼側も制作側もしっかり把握しておきたいポイントですね。


Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

コート紙

上質紙にコート剤というものをコーティングした光沢のある紙です。
新聞折り込みのチラシなどを思い浮かべてもらえるといいかもしれません。
両面がコーティングされているので、上質紙に比べて発色が良く写真などキレイに見せたいものが入った印刷物に最適です。
よく使われるのはチラシ、ショップカード、ポスターなど。

コート紙にもたくさんの種類があるので、コート紙といえばこれ!というよりは、普通の紙にコーティングしてある紙をコート系の紙という感じになります。
また、表面がコーティングされ紙がインクをはじくので、何かを書き込む、印鑑を押すという用途には不向きです。


Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

マットコート紙

上質紙にマット系のコーティング処理をほどこした、ツヤなしの紙です。
会社概要やパンフレットなどでよく見かける優しい手触りの用紙になります。
コーティングされているので、写真などの発色も良くコート紙ほどツヤが無いので、落ち着いた感じや高級感を出したい印刷物に最適です。
よく使われるのは会社案内、パンフレット、名刺、ショップカードなどがあり、デザインや依頼側の印刷物の方向性に合わせてコート紙と使い分ける必要があります。
何かを書き込む、印鑑を押すという場合はコート紙よりは書きやすいが、上質紙よりは書きづらい・乾きづらいという印象があります。


Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

まとめ

私は小さい頃から絵を描くのが大好きで、よくおばあちゃんの家に入るチラシの裏面が白紙のものに絵を書いていました。
小さいながらも、用紙の特性を途中で理解したようで、上質紙で黄色やピンク色のシンプルなスーパーのチラシが大好きでした。
チラシの大半はコート紙なので、裏が白紙でもコート紙だとこれは嫌だ!と怒っていました(笑)
ボールペンだと手で擦れるとインクが伸びるし、色鉛筆やシャーペンではほぼ色が乗らないし、クレヨンもあまりいい感じに使えない…という理由からコート紙が大嫌いでした!笑

今なら、それぞれの用紙の使い分け方や良さをわかっているのでこの紙は嫌だということはさすがになくなりました。笑

 

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

今回ご紹介したのは、大きく分けるとしたらこの3つというだけであって、これ以外にも紙の種類はたくさんあります。
表面がキラキラしているもの、ちょっとした模様が入っているものなど…
用紙も興味を持つときりがないくらいたくさんあるので、印刷物に触れる機会があるときには、この紙はこんな感じだからこういうものの印刷に合いそう!など頭の中で考えてみるとまた面白いうかもしれません♪

この記事のライター