マシンVSフリーウエイト〜あなたが選ぶべきなのはどっち?〜

マシンVSフリーウエイト〜あなたが選ぶべきなのはどっち?〜

ジム行っても何をやれば良いかわからない、、、マシンとフリーウエイトどっちからやるべきなのと迷った時に知っておきたいそれぞれの特徴とは?


ジムに行くとたーくさんの器具が置いてありますよね?

中上級者の方であれば、マシンの使い方もメニューの組み方もわかっていますが、まだジム通いを始めて間もない方は何から始めれば良いかわかりませんよね。。。

今回はジムの代表格のマシンとフリーウエイトのどっちをやれば良いかを紹介していきます♫

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

《マシンのメリット・デメリットってなに?》

まずはマシンの特徴からです。
ジムに行くと多くのマシンが置いてあり、胸、脚など身体の部位が書いてあるポップが貼ってあったりします。

ポップに書いてある部位を鍛えることができるのですが、一番の強みはマシンの軌道が決まっているので、筋肉を意識しやすいことです。

あとはぴんの抜き差しで重さの変更ができるのもメリットですね♫

デメリットとしては1つのマシンで1つの部位しか鍛えることができないことと劣化によって動きが悪くなることはデメリットと言えます。。。

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

《フリーウエイトのメリット・デメリット》

ダンベルやバーベルのフリーウエイトのメリットはなんでしょうか?
一番のメリットはマシンと違って、軌道が自分で決められることです♫

少し軌道を変えるだけで新しい刺激を加えることができます。
またマシンは1つのマシンで1つの部位ですが、ダンベルとバーベルで行えるトレーニングは無限大です。

フリーウエイトがあるだけで、全身を鍛えることができます!

デメリットとしてはフリーウエイトを使用する人は上級者が多いので、近寄り難いこと、、、

またバーベルの場合は重りの変更が面倒なのもデメリットに挙げられます。。。

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

《最初にオススメなのはマシン?》

トレーニングを始めたばかりの方にはマシンを使ったトレーニングをオススメしています。

理由はいきなりフリーウエイトをやっても自分で正しいフォームを作ることが難しいので、ケガに繋がってしまいます。。

最初は軌道の決まっているマシンを使って、筋肉を使うという感覚を身に付けていきましょう♬

ある程度慣れてきたらベンチプレス、スクワット、デッドリフトなどの大きい筋肉を鍛えることができるフリーウエイト種目から始めていきましょう。
※正しいフォームを身につけるためにも最初はトレーナーさんに教えてもらうのが近道です

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

《理想はフリーウエイト→マシン》

マシンで身体の動かし方を覚えたら、どんどんフリーウエイトのメニューを取り入れていきましょう。

自分の骨格に合わせたトレーニングだけでなく、より多くの筋肉を動員することができます。

体力のある前半はフリーウエイトで多くの筋肉を動員し、後半にかけて軌道が安定しているマシンを使って、追い込んでいきましょう♫

ただもし関節が痛い時はマシンから始めて、筋肉を温めてからフリーウエイトを行うのもケガのリスクを低下させるのに効果的です!

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

☆まとめ

マシンとフリーウエイトどっちが良いの?という質問は意外と多いです。
なんとなくフリーウエイトでベンチプレスをやった方が良いのでは?と考えがちです。

ただ最初からフリーウエイトでうまくトレーニングできる人はごくわずかです(パーソナルトレーナーを付けた場合は別です)

まずはマシンでベースを作って、フリーウエイトでどんどんトレーニングしていきましょう♪

〜まとめ〜
・マシンのメリットは軌道が決まっていて筋肉を意識しやすい、さらに重量変更も簡単
・マシンのデメリットはほとんどのマシンが1つのマシンで1つの部位しか鍛えられない
・フリーウエイトは行える種目が無限で、細かい軌道修整ができる
・まずはマシンで身体の使い方を覚えてからフリーウエイト
・関節が痛いときはマシンで筋肉を温めてから行う

☆お問い合わせはコチラ☆

この記事のライター

関連する投稿


【トレーナーインタビューvol.1】〜ダンスで道を切り開いたトレーナーJESSさん〜

【トレーナーインタビューvol.1】〜ダンスで道を切り開いたトレーナーJESSさん〜

日本にも大流行したクロスフィット。 次に流行ると噂されているのがBREAKLETICS。 それを日本に広めるために奮闘中のJESSトレーナーの素顔に迫りました。


ベンチプレスが効かない時に気をつけたいポイントとは?

ベンチプレスが効かない時に気をつけたいポイントとは?

大胸筋を鍛える代表種目のベンチプレスが効かない?そんなときに気をつけたいポイントとは?


良い脂vs悪い脂〜良い脂ってどれ?〜

良い脂vs悪い脂〜良い脂ってどれ?〜

ついダイエットの敵と考えがちな脂。。。けど摂ることで健康促進できる脂も? 日本人が摂るべき脂とは?


プロテインを飲むとお腹が痛くなる?〜もしかしたら乳糖不耐症〜

プロテインを飲むとお腹が痛くなる?〜もしかしたら乳糖不耐症〜

いつもプロテインを飲むとお腹が痛くなる。もしかしたら乳糖不耐症かもしれませんよ?乳糖不耐症のメカニズムと解決法を紹介します(^ ^)


寝る子は育つ♫身体作りに欠かせない睡眠の質を高めるには?

寝る子は育つ♫身体作りに欠かせない睡眠の質を高めるには?

昔から寝る子は育つと言われていますね♫確かに睡眠の質が高い人はそれだけで生活の質が違います。けど身の回りには睡眠の質を下げるモノがいっぱい、、、もっとよく眠るために今日からできることって?