ロゴは安ければいいもんじゃない?!デザイナーに頼むべき理由3つ 

ロゴは安ければいいもんじゃない?!デザイナーに頼むべき理由3つ 

今やロゴは格安で作れるものからかなり高額で作れるものなど様々。会社や商品、サービスの顔としての役割を果たすロゴですが、費用を抑えるために格安で作ってしまっていませんか?ロゴはデザイナーに頼むべき!という理由5つを紹介


Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

格安ロゴではブランド力は作れない

有名な会社やサービスはどれも格安で作った訳ではありません。
デザイナーに依頼すると、想いやコンセプトを取り入れたり、ビジュアル的に見栄えをよくするために黄金比を取り入れたりしてもらえたりします。

格安で作るメリット/デメリット

メリット

・価格が抑えられる
・即購入できてすぐに使用が可能
・数あるデザインから選べる

デメリット

・色の修正などは依頼できるが、ベースのデザインは変えられない
・会社の想いに合わせて制作されていない
・デザイン性が高いものが少ない

デザイナーに依頼するメリット/デメリット

メリット

・会社の想いやコンセプト、事業内容を加味して制作してもらえる
・様々な経験からのアイデアや提案をしてもらえる
・ロゴ以外のものも一緒に依頼すれば一貫性のあるデザインが見込める

デメリット

・納品までに時間がかかる
・人対人なので、コミュニケーションが必要不可欠
・デザイナーによって数千〜数十万円の費用がかかる

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

1、格安ロゴ制作はすでに出来上がっているものから選ぶことがほとんど。会社の想いやコンセプトが反映されにくい。

すでに出来ているものだとイメージで作られていることが多いため、会社や商品サービスにコミットしたデザインではありません。
格安である代わりに、1つ1つ対応して制作する手間を省いているから低コストを実現しているのです。
個人でこじんまり始めるには価格も抑えられていいかもしれませんが、将来大きくしていきたいと考えているなら最初に費用をかけていいものを作るのは悪い方法ではないかもしれません。


Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

2、オリジナル性が高く、他にないオリジナルのロゴを作ってもらえる。 印刷をした場合やWEBに掲載した場合などの状況を考えて複数データをもらえたり、それに合わせたサイズを提供してもらえる。

ロゴは1サイズ、1データで言いわけではありません。
使用する媒体や用途に合わせてサイズが違ったり、CMYKやRGBなど色の表現方法も分ける必要があります。
デザイナーに依頼することで、どういったものに使用するのかを聞いてもらえるので相談するだけで必要なデータを揃えてもらえます。


Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

3、ロゴをデザイナーに依頼することで、他の媒体(名刺やパンフレット、HP)なども一貫したデザインで作ってもらえることもある。

安さを求めたりすると、ロゴはこの会社で、名刺はこの会社・・・・と依頼先を複数にしてしまったりします。そうしてしまうと価格は抑えることができてもデザインの一貫性が失われてしまいます。
デザイナー1人や1社に任せることで、全てのデザインに一貫性を持たせて制作してもらうことが可能です。
またデザイナーと仲良くなればなるほど、こちらの好みなどを理解してもらえるので、また新しい依頼先と長々しい打ち合わせをする手間や時間もカットできます。


Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2



何かを始めるときはまず形からということで、ロゴを先行して作ってしまいがちですが、そのロゴもしっかり想いやコンセプト、誰に何を伝えたいのかなどが明確でなければロゴを作ったところで会社やサービスの顔とはなり得ません。

ロゴも大事ですが、その前の段階で想いやコンセプトをハッキリさせることで、デザイナーに頼む意味が出てきます。


まとめ

自分たちがなんのためにロゴを制作するのか、目的を明確にして格安で作成するかデザイナーに依頼するか考えていきましょう。
長期的に、かつ会社や商品・サービスの顔となるものを作ると考えたら数万円程度なら未来への投資とも言えるかもしれません。

一点もののロゴ、自分たちにあったロゴを制作したいという方はデザイン事務所やクラウドサービスを利用することをオススメします!

以下のリンクから外部サイトへジャンプできます。
お見積もりはお問い合わせフォームからできますよ!

この記事のライター

関連する投稿


フリーランスVSデザイン会社 デザインを依頼するならどっち?

フリーランスVSデザイン会社 デザインを依頼するならどっち?

クラウドソーシングが出てきてから、フリーランスのデザイナーさんが増えましたよね^^となると、依頼する側はどこに依頼すればいいのかわからない状況になってしまっていると思います。 今回はフリーランスとデザイン会社双方の強みや弱みをみてあなたにあった依頼先を見つけていきましょう。


チラシをなんとなく作っていませんか? 集客効果2倍♡お客様を呼び込むチラシの条件

チラシをなんとなく作っていませんか? 集客効果2倍♡お客様を呼び込むチラシの条件

集客ツールとして有名なチラシ。折り込みや街中で配られているチラシなどいろんなところで活躍していますが、配っても集客効果0なんてことも、もちろんありえます。逆にチラシの効果で爆発的人気に!なんてこともありえます。 チラシも使いようによっては最強の集客ツールなのです!どんなチラシが効果があるのか学んでいきましょう。


意外と知らない著作権!

意外と知らない著作権!

小学校などで一度は勉強する著作権ですが、果たして実際はどんな権利なのでしょう? 権利を主張するには?権利を侵害すると課せられる罰則は?など細かく詳しく解説して行きます。


デザインで掴むブランド力

デザインで掴むブランド力

ブランドになるためにはデザインの力が必要不可欠です。 ハイブランドになるか、様々な商品に埋もれてしまうかはデザイン次第! 今回はブランド力を上げるために必要なことについてご紹介します。


色やイラストだけでは表現しきれない!キャッチコピーの基本3か条

色やイラストだけでは表現しきれない!キャッチコピーの基本3か条

私たちにたくさんの情報を与えてくれるキャッチコピー。 無数の商品などから選ばれるための鍵となるのがこのキャッチコピーなのです。 タイトル+キャッチコピーでいかに消費者の心を動かすかで購買の確率が上がっていきます。 今回はこのキャッチコピーの基本となる3か条をお伝えしていきます。