チラシをなんとなく作っていませんか? 集客効果2倍♡お客様を呼び込むチラシの条件

チラシをなんとなく作っていませんか? 集客効果2倍♡お客様を呼び込むチラシの条件

集客ツールとして有名なチラシ。折り込みや街中で配られているチラシなどいろんなところで活躍していますが、配っても集客効果0なんてことも、もちろんありえます。逆にチラシの効果で爆発的人気に!なんてこともありえます。 チラシも使いようによっては最強の集客ツールなのです!どんなチラシが効果があるのか学んでいきましょう。


Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

こんにちは^^

COK.株式会社の奥田です!
今回はチラシについてのお話です。




突然ですが、、、

集客0ではビジネスは始まりません!!!


となると、まずやらなくてはならないのが集客です。
飛び込み?チラシ?DM?チィッシュ配り?広告?バナー?
昔に比べるとネットが発達したことにより、集客ツールは多数存在しますね。


今回はその中でも昔から使われている"チラシでの集客"について触れていきたいと思います。


チラシからの集客は効果があるとかないとか、賛否両論ありますね。
もちろんビジネスの内容によっては向き不向きがありますが。。。
ネットビジネスなのにチラシを街中で配ってもあまり意味がありませんよね。
チラシよりもネットビジネスなら断然ネット広告やリンクやバナーが効果的です。



チラシも賛否両論あるとはいえ、

要は使いようなんです!


チラシ集客も効果があるかどうかは見る人に内容が伝わって、見た人が魅力を感じた場合の話です。
また大前提として内容を見てもらうように誘導しなくたはなりません。

今回は集客につなげるための、チラシの作り方で押さえておきたいポイントをご紹介します。


①チラシを作る前にゴールを決めよう

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

チラシを作るということは、何かしらの目的や目標があるはずです。
その目標を一番最初に明確にして、掘り下げていきましょう。

【目標】
新規顧客10名
⬇︎
どんな人に購入してもらいたいのか
⬇︎
30代女性
⬇︎(なぜ?)
商品コンセプト/特徴
⬇︎
会社の想い

というようにどんどん目標から掘り下げていくことで、チラシを出す目的や目標・ターゲット層が明確になります。
この目的・目標を基にチラシを構築していきましょう。



②チラシの要は見出しとキャッチコピー!デザインは後回し

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2


チラシを作る時に先行してしまいがちなのが、色・テーマ・デザインなどです。
正直、デザイン関係は後回しでもどうにでもなります!
一番最初に決めたいのがタイトルやキャッチコピーです。
デザインを先行してしまうと、スペースが足りないからと見出しの言い回しを変えてしまうなんてこともしばしば…
見出しやキャッチコピーを明確にすることで、それに基づいたデザインでチラシを構成していくことができます。
自身がチラシを出す側だと、ついつい見落としてしまいがちなのが、キレイなチラシはお客様の目に留まらないということです。
逆にキレイすぎて何を伝えたいのかわからないなど、こちらが意図している結果とは異なる結果となります。。。


見出しやキャッチコピーで気をつけたいこと

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

×店舗や商品名は入れない
→ネームバリューがない場合、タイトルに名前を入れるのはあまり効果がありません。
 例えば、『◯◯ベーカリー4月1日 新宿◯◯ビルにオープン』という見出しは意味がありません。
お店がパン屋さんなのであれば、他店とは違う特徴などを見出しで触れると効果があります。
『幻のメロンパン平日限定30個、新宿◯◯ビルで販売開始!』
の方が、イメージがつきやすいですよね。
メロンパンと書かれて、魚屋とか想像したりはしませんよね?笑
容易にパン屋ということと、限定販売でどこで売っているのかが理解できますね。
さらにいいのは、”幻”というのは抽象的すぎるので希少価値も伝わりません。となると、
『夕張メロンの果肉入りクリームが溢れるメロンパン平日限定30個、新宿◯◯ビルで販売開始!』
少し長すぎるので工夫の余地はありますが、写真も合わせてチラシに載せればより伝わりますね。

×抽象的な表現は使わない
上記でも書きましたが、抽象的な表現はイメージがつきにくく相手に一発で伝わりません。
例えば『たくさん』という表現です。
たくさんって言葉みんなよく使いますよね〜笑 汎用性が高く、なんとなーく伝わるのでついつい使ってしまいますが、それではいけません!
”たくさんの方が利用している=20代女性の3人に1人が使用している”
と置き換えるだけで大きく伝わり方が変わってきますよね!
20代女性の人口がどのくらいなのかなど裏付けは必要ではありますが、たくさんというよりも根拠があってよく分かります。

◯自分かも?と思わせるような見出しにする
チラシや広告を見て反応したり購入につながるお客様は、それを見て自分のことかも!と感じた場合や見た方が悩んでいることを解決できるかもしれない場合です。
まずチラシを作る前

 

③チラシのテーマを決めよう

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

①で明確になったターゲットや目的からテーマを決めましょう。
高級路線なのか、安く売り出して大量購入を狙うのか…それによってカラーやフォントなどが大きく変わってきます。
ただ、勘違いしないでいただきたいのが、テーマはあくまで後から決めること!
載せる文章さえ決まっていればデザインは後からいくらでも変更できます。
ですが、デザインを先に決めてしまうとそのデザインに合わせて優しい言い回しや曖昧な表現にしてしまいます。

あくまでチラシは見出しが主体になるので、デザインに早く着手したいと思ってもグッとこらえましょう!


④目の流れに沿ってレイアウトを考えよう

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

人間の目線の流れは何年か生きているうちにある程度の法則が決まってきます。
それにのっとって配置を決めていきましょう。
普段私たちは
横書きの場合は左から右へ行き、次は斜め下へと移っていきます。
左から右に行ってから今度は右から左に行くとか、行の一番して逆走して読むのが普通なんて人私は会ったことがありません。笑
このように、人間は一定の法則によって文章を見る生き物なので、そこを踏まえましょう。

縦書き横書きも、多少のアクセントで一部に入れるなら問題はありませんが、文章のように少し長くなるうようなものをいくつも混在させてしまうと読むことに疲れてしまい、本来伝わるべき情報が伝わらず、読むことでいっぱいいっぱいになってしまいます。。。

相手の気持ちを考えてレイアウトしていきましょう!



まとめ


正直、チラシを作る際は①の内容を深く深く掘り下げて明確にしてもらえれば問題ありません

デザインはぶっちゃけた話、デザイナーさんにお任せでも大丈夫です。
でも掲載内容は放り投げてはいけません!
デザイナーはあなたの会社や商品をよく知りません。
会社がや商品ができた背景も、大切にしていることも…
会社や商品の核となる部分を伝えられるのは会社の人以外いないのです。
なので、①の部分だけはしっかり社内で決めた上でさらにデザイナーさんとの打ち合わせで不足している部分を埋めていきましょうね。


この記事のライター

関連する投稿


ロゴは安ければいいもんじゃない?!デザイナーに頼むべき理由3つ 

ロゴは安ければいいもんじゃない?!デザイナーに頼むべき理由3つ 

今やロゴは格安で作れるものからかなり高額で作れるものなど様々。会社や商品、サービスの顔としての役割を果たすロゴですが、費用を抑えるために格安で作ってしまっていませんか?ロゴはデザイナーに頼むべき!という理由5つを紹介


意外と知らない著作権!

意外と知らない著作権!

小学校などで一度は勉強する著作権ですが、果たして実際はどんな権利なのでしょう? 権利を主張するには?権利を侵害すると課せられる罰則は?など細かく詳しく解説して行きます。


デザインで掴むブランド力

デザインで掴むブランド力

ブランドになるためにはデザインの力が必要不可欠です。 ハイブランドになるか、様々な商品に埋もれてしまうかはデザイン次第! 今回はブランド力を上げるために必要なことについてご紹介します。


色やイラストだけでは表現しきれない!キャッチコピーの基本3か条

色やイラストだけでは表現しきれない!キャッチコピーの基本3か条

私たちにたくさんの情報を与えてくれるキャッチコピー。 無数の商品などから選ばれるための鍵となるのがこのキャッチコピーなのです。 タイトル+キャッチコピーでいかに消費者の心を動かすかで購買の確率が上がっていきます。 今回はこのキャッチコピーの基本となる3か条をお伝えしていきます。


パッケージデザインの重要性

パッケージデザインの重要性

どんな商品にも絶対にあるパッケージ。 パッケージ一つで伝えられる情報は数多くあります。 今回はそんなパッケージがもたらす効果やパッケージデザインに必要なスキルをご紹介していきます。