フリーランスVSデザイン会社 デザインを依頼するならどっち?

フリーランスVSデザイン会社 デザインを依頼するならどっち?

クラウドソーシングが出てきてから、フリーランスのデザイナーさんが増えましたよね^^となると、依頼する側はどこに依頼すればいいのかわからない状況になってしまっていると思います。 今回はフリーランスとデザイン会社双方の強みや弱みをみてあなたにあった依頼先を見つけていきましょう。


スキルはどちらも変わらない?

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

はい!変わりません!

っていうよりも人によりけりです。
フリーランスの方でも企業で働いていた経験をもとに独立された方もいれば、企業で働いたと同時にスキルを身につけ始めた人など様々です。

スキルで依頼先を決めるのであれば、どこにするかよりも誰にするかを重視した方がいいかもしれません。また、フリーランスなら経歴や実績などをみて確認する、企業でも制作実績や取引先など、出来上がりのクオリティやデザインの系統・傾向を見て選ぶと、よりイメージに近いものに仕上げてくれますよ!


フリーランスは1名に対して企業は複数人います。(1名で起業されてる方もいますけどね)
フリーランスだとその人の得意とするものがはっきりしていたりするので、まだデザインの系統やイメージが決まっていない場合は企業に依頼して、複数人いるデザイナーさんに依頼するのが得策です。
企業の場合は複数人のデザイナーが所属していることがほとんどなので、依頼者に合った(空き状況にもよる)デザイナーさんで進めてくれますよ^^

仕事の進み具合は?

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

これは依頼内容にもよります。
例えば、簡単なイラストやデザインの依頼だけだったらフリーランスの方が早いです。

理由としては、フリーランスは良くも悪くも1名でやっているので、無駄なオペレーションが必要ありません。全てその人がやるので、多部署へ連絡する、経理を通すなどといったフローが集約されます。
しかし、経験値によってはゆっくりだったり、丁寧に仕上げるタイプだと全然上がってこないなんてこともあるので注意しましょう。


逆にパンフレットなどの大規模かつ複数の作業が入ってくる案件については、企業に依頼する方が早いです。
企業だと、文章を担当する部署、レイアウト、写真など分野ごとに担当部署が別れていることが多くあります。フリーランスは1つのことに精通していることが多いので、パンフレットの作成となると文章のチェックや写真の選定などに時間を取られてしまいます。


何を依頼するかによって、また値段なんかも加味して選ぶことをオススメします。

価格は?

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

クオリティが高くて価格が低いのは圧倒的にフリーランスです。
中には実績がものすごくあって、仕事の依頼も何ヶ月先まで決まっている方もいるので、そういった方はそれなりの報酬をお支払いしないといけませんが、基本的にはフリーランスの方が安いです。

単純に作業時間だったり、内容によって価格を決めているので無駄なものが価格に上乗せされていません。
ですが、企業になってくるとただ会社があるということだけで費用がかかります。
また価格設定は会社で決めているのでそう簡単に値下げ交渉はできません。
もちろん価格なりのクオリティにはなるかもしれませんが、とにかく安く!と考えているならクラウドサービスを利用して安く引き受けてもらう方がいいと思います。

打ち合わせ・コミュニケーションは?

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

フリーランスの方の場合だと、対面での打ち合わせをすることがほとんどといっていいほどありません。
サービス上でのメッセージのやり取りが基本で、ごく稀にスカイプなどで打ち合わせをする方もいるようです。

コミュニケーションが苦手な人には一見もってこいな形式かもしれませんが実は落とし穴が...
文章でイメージを伝えることはとても難しいのです。
依頼側が『なんで伝わらないの?わかってくれないの?』
と思う一方
『この人はどうしたいんだ?なにを言っているんだ?』
という感覚の不一致が生じます。

一方企業の場合は基本的には担当者がつき、担当者ベースで一緒にデザインや内容を考えていくので、1回だけの打ち合わせではなく2度、3度という場合もあります。

しっかり相手と話し合って作り上げたいのであれば企業に、どちらかといえば必要条件だけ伝えて相手に任せたいのであればフリーランスに依頼というのもありですね!

まとめ

最後まで見ていただいたあなたなら気づいてしまったかもしれません。

フリーランスと企業とではどちらもメリット・デメリットがあるので一概にこちら!と言えるわけではないのです。
企業に依頼でも、格安でテンプレートを使用してデザインしてくれるところもあれば、完全オリジナルで高くて時間もかかるところもあります。
フリーランスの人でも1人でなんでもやって、かつスピード感がある分、価格が高い人もいます。

要は、何を依頼して、予算がどのくらいで、いつまでに欲しいのかを依頼側が明確にしているかどうかです。
明確になっていない段階では、どちらに依頼した方がいいというのは決め切れません。
思い立ったらすぐ行動!というのはいい言葉にも聞こえますが、すぐ行動しすぎて中身が空っぽ...なんてのはよくないですね!笑


デザインに関する依頼は計画を立ててからにしましょう^^

この記事のライター

関連する投稿


【ビジネスマナー】就活シーズン到来!企業へ行くときは折りたたみ傘?周りと差がつくポイント

【ビジネスマナー】就活シーズン到来!企業へ行くときは折りたたみ傘?周りと差がつくポイント

就職活動が本格始動しましたね。就活生は企業説明会や面接の日々ではないでしょうか?大勢いる就活生の中で、印象を残すにはどうしたら良いのか。今回は周りと差がつく就活マナーを紹介いたします。


ロゴは安ければいいもんじゃない?!デザイナーに頼むべき理由3つ 

ロゴは安ければいいもんじゃない?!デザイナーに頼むべき理由3つ 

今やロゴは格安で作れるものからかなり高額で作れるものなど様々。会社や商品、サービスの顔としての役割を果たすロゴですが、費用を抑えるために格安で作ってしまっていませんか?ロゴはデザイナーに頼むべき!という理由5つを紹介


意外と知らない著作権!

意外と知らない著作権!

小学校などで一度は勉強する著作権ですが、果たして実際はどんな権利なのでしょう? 権利を主張するには?権利を侵害すると課せられる罰則は?など細かく詳しく解説して行きます。


デザインで掴むブランド力

デザインで掴むブランド力

ブランドになるためにはデザインの力が必要不可欠です。 ハイブランドになるか、様々な商品に埋もれてしまうかはデザイン次第! 今回はブランド力を上げるために必要なことについてご紹介します。


【MG】世界中の経営者が知っておくべきこと

【MG】世界中の経営者が知っておくべきこと

エッセンスを伝えるために